無料ブログはココログ

« ことぶき吟詠大会 | トップページ | 紀元500年頃の倭国 »

2009年8月10日 (月)

自衛艦体験乗船

 縁あって自衛艦に乗船する機会に恵まれた。艦は護衛艦「しらゆき」 で基準排水量2、950トン、長さ130mの中型の艦船である。晴海埠頭を17時に出航し、19時に横須賀基地に入港するものでした。

 出航までは艦橋の艦長の椅子の直ぐ後ろに陣取り、慌ただしい出航準備の各方面の連絡や確認の様子を観測した、最初はタグボートに引っ張られ、お台場あたりで自力走航ながら徐行し、灯台を過ぎたところからスピードを上げて行った。

 ブリッジを離れ、機関室を見学した頃には、20ノット位のスピードとなっていた、その後船内を眺めたり食堂で小休止をした後、6時頃最後尾のデッキに来ると、後部の水面がうず高く盛り上がっていて壮観であった、聞けば最高速度に近い28ノットで走っているとのことでした。暫くするとスピードが落ち始めたので係員に聞くと、もう横須賀に着いておりこれから入港、着岸するとのこと、19時迄に未だ1時間位あるのにと思ったが、それからは徐行、超徐行の上、最後はタグボートに引かれUターンし、二隻のボートに押されてゆっくりと停泊中の僚船に横付けとなった。この時時計を見ると19時で正に時間通り着岸したのである。

 出航、着岸の時間の正確さには感心したが、着岸に小1時間掛かったことは、不慣れな乗客の安全の配慮もあってのことと思いますが、艦の性格上もっと機敏に、短時間で処理できないものかと感じた、客船なら15分位で処理している、非常の時には時間は重要な要素である、この様な機会も演習の場として見せてくれればもっと感動を覚えたと思う。

 何れにしても、短い時間であったが、日常経験出来ない、色々な場を見ることが出来、良い体験乗艦でした。名物の海軍カレーも買って帰りました。

« ことぶき吟詠大会 | トップページ | 紀元500年頃の倭国 »

コメント

 残暑お伺い申し上げます。
 ご無沙汰に過ぎ 失礼致しております。
 お元気で 軍艦に乗られた記事を拝見しました。
 何人ぐらい お客さんは載せたのでしょう?

菜園ブログ様
 コメント有難う。招待人数は発表されないので不明ですが、凡そ200名位です。
 当日カメラの持参を忘れ写真を撮れなかったのが残念でした、尤も天候が悪く暗かったので、まあ良しとしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛艦体験乗船:

« ことぶき吟詠大会 | トップページ | 紀元500年頃の倭国 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31