無料ブログはココログ

« 「佑」の字について | トップページ | 東電原発事故 海水汚染の対応 »

2011年3月29日 (火)

東電の原発対策

 東京電力福島第一原発のトラブルは深刻となっている。

 然し東電の放射線の測定結果は心配を煽るだけで、対策に結びつく報告が欠如している。例えば今回のトレンチの測定も、水の表面だけで、その周囲の作業空間はどうなのかとか、トレンチの水深5mとか10mではどうか等は報告されていない。

 トレンチの水の大部分は津波による引けなかった海水であり、表面部分は汚染された水と考えられる。若し水深の深い所が汚染されていなければ、その部分の水は直ちに海に返せるる筈である。海水を吐き出せばトレンチの水位は下がり汚染水の一時保管が出来、タービン建屋地下の汚水も流れ出し、電気工事も可能となり、対策が一歩前進する。

 電気の無い電発は血流の無い人間と同じ死を待つだけである。先ずこのことを実現するための作業環境や手段の為の放射線測定を行うべきで、目的不明の脅かしデータは止めて欲しい。

 東電の方がこのブログを見たら検討して欲しいものだ。

« 「佑」の字について | トップページ | 東電原発事故 海水汚染の対応 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電の原発対策:

« 「佑」の字について | トップページ | 東電原発事故 海水汚染の対応 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31