無料ブログはココログ

« 東電の原発対策 | トップページ | 寺社随想 京都 清閑寺 »

2011年4月 5日 (火)

東電原発事故 海水汚染の対応

 政府や安全委員会は現在福島原発からの海水汚染がどの程度進んでいるのかを把握しているのだらうか。原子炉への注水や保管プールへの放水された水はどの様に汚染され流れて行くか考えているのだらうか。

 私の推定では、注水された水は蒸発し炉外へ放出され原子炉建屋内で液化し、地下水となり大部分は海に流れ出ており、一部分がタービン室の地下や周辺のトレンチ等に湧き出ていると思っている。従って残念ながら海はとっくに大量の汚水で汚れていると考えざるを得ない。近海で獲れた「こうなご」が既に放射線を出していることは、10日以上前から取った餌に放射能が有ったと見るべきであろう。

 この垂れ流しの現状を認識し、この悪循環を改善するため冷却系を復旧すること、このためにタービン室の地下の水を取り除くためには一時的に汚水の流出も止むを得ないと考えます。

 どの程度海が汚れるかは発電所近辺だけでなく、10キロから200キロ位にかけて定点観測し、今後の汚染対策の資料とする等の考慮も必要である。この様な測定は既に進んでなければならないが、東電がやっと20日以上経って一部始めた様だが、こんな測定は国を挙げて推し進めるべきである。今更一部の汚水を流水しても汚染の程度は変らないと思う。

 国や安全委員会いや不安全あおり委員会の日和見楽観部隊による泥縄対策では状況は悪い方向に進むだけである。

« 東電の原発対策 | トップページ | 寺社随想 京都 清閑寺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電原発事故 海水汚染の対応:

« 東電の原発対策 | トップページ | 寺社随想 京都 清閑寺 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31