無料ブログはココログ

« 寺社随想 京都 清閑寺 | トップページ | TPPは第2の黒船来航か »

2011年8月13日 (土)

風評汚染

 原発の爆発で飛散した広範囲の放射能汚染が色々な形で不安を投げかけている、これに加えて風評被害も拡がっている。 しかし最近では京都の大文字焼きの陸前高田市の松の木の焼却の実行ついての紆余曲折に至ってはお話にならない愚挙である、私はこの様な現象を風評汚染と呼びたい。

 放射能汚染は「実」であるが、風評汚染は「虚」であり、全く役に立たないものである。 何故この虚がはびこるかの原因は実の説明が不十分であるからである、私は政府の発表が悪いことは勿論としても、汚染の実態の説明が表面的過ぎるマスコミの報道の仕方にも問題がありと思う。先の戦争の時大本営の発表とその報道状況と合い似ている、国民の不安を解く説明が必要である。

 色々と要因があるが一つの具体例を挙げるとベクレルという単位と人体えの影響が全く不明である、よく出てくる1kgあたり500ベクレルの制限値が何シーベルトに相当し人体への影響がどの程度かを都度丁寧に説明し、これを重ねて行けば風評汚染の低減に多少は寄与すると思います。

« 寺社随想 京都 清閑寺 | トップページ | TPPは第2の黒船来航か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風評汚染:

« 寺社随想 京都 清閑寺 | トップページ | TPPは第2の黒船来航か »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31