無料ブログはココログ

2009年4月29日 (水)

寺社随想 伊勢神宮

 伊勢神宮は日本の神社として、最高の格付けを有していることに異存は無いと思う。 然し この神宮の誕生についてはどうであったかを考えてみたい。

 伊勢の地に天皇家の祖先である天照大神を祀ることについては、「日本書紀」の崇人天皇と垂仁天皇の時代のなかで述べられている。 然し書紀のこの時代の記述には疑問が多い。

 私の考えでは、四世紀の終り頃、天皇の時代でいえば応神天皇の時代(紀元380年頃~) 大和王朝がやっと九州から近畿地方迄を一つの統治国家として纏めることが出来た、然し東の方は伊勢・熊野迄で、その東は尾張や東国は異なった勢力を有していたと考えられる。そのため大和王朝として支配の東方の伊勢の地に神社を造営したと考えては如何だらうか。この当時の神社は夫々の地域毎の豪族の長が権力の象徴として、また人心の掌握や統合等の目的で造られていったと考えられる。従って格式の高い神社によって、大和王朝の力がそこに及んでいることを周辺に知らしめる効果を狙ったのである。伊勢神宮の場所には元々地元の神社が有ったようで、これを格上げしたとも伝えられているが、この神社の存在が大和王朝の権力の誇示に大いに寄与していると思う。

 大和王朝はその後約100年後の六世紀に入り、大和朝廷として全国の統合を果たしていき、神宮も東方の限界ではなくなったが、全国版の神社としてその存在は変わることはなかった。

 下って、紀元672年の壬申の乱の時、大海人皇子は吉野を発って東方に向かい、戦勝を祈念して伊勢神宮を遥拝し、東国に入り、尾張の加勢も得て争いに勝ち、天武天皇となった、その後直ちに伊勢神宮に感謝の礼を込めて式年遷宮や斎王の奉仕の制度を設け、伊勢神宮の格式を更に高め現在に至っている。この部分の日本書紀の記述は概ね正しいと思われる。

2009年4月17日 (金)

寺社随想 大宰府天満宮

Sdsc02107  私が九州大宰府天満宮を訪れたのは、雨の日の平日であったが、結構人が参拝に来られていた。さすが天満宮としては京都と並ぶ總本社で人気の高いことが伺えた。

 私がやや異常に感じたのは、参拝者の中に韓国の学生の団体が数組来られており、又中国や東南アジヤからの外人のグループも多く目に付いたことであった。当時首相の靖国神社参拝について、中国や韓国から批判の声が強く、国交問題までに進展していたので、両国の人民は日本の神社参拝にはアレルギーがあるのではないかと考えていたが、見事に裏切られたのである。然し彼らは日本の神社について、良く調べ良く学んで、日本人以上に神の本質を知っているのではないかと、多いに反省させられた

 九州という地の利があるとはいえ、彼らは単に観光だけに天満宮に訪れている訳ではないと思う、基本的には祀られている神を尊敬し、あやかりたいという、多くの日本人と同じ気持ちて参拝していると考られる。良き神は国際的にも表敬されるのである。

 参拝の帰り、グループの人に、言葉が通ずるかどうか分からないが「雨の中、ご苦労さん」と声を掛けた次第です。

2009年4月 6日 (月)

寺社随想 越後龍澤寺

 昨年訪れた寺社に触れなかったが、龍澤寺も秋に訪れていた。先日のNHKの大河ドラマ「天地人」の終りにこの寺が、上杉家ゆかりの寺として紹介されたので、取り上げた。

Simg_0750 龍澤寺は越後の上越国際スキー場の近くで、文殊菩薩をご本尊としてしている。 左程大きな寺ではないが、近くには樺沢城跡もあり、二年前の「風林火山」の時も紹介され、その頃から訪れる人が増え、住職に言わせると「昼寝ができなくなった」そうである。

 上杉家にとっては、樺沢城は重要な拠点であり、龍澤寺も尊重され、謙信公の御朱印状が残されている。 又後日景勝が迎えた武田勝頼の妹菊姫の護身用の薙刀も置かれている。

 これからの大河ドラマの北条との攻防の舞台として、どのように画かれるのか楽しみである。

2009年3月25日 (水)

黒部の太陽を観て

 フジテレビよりドラマ「黒部の太陽」が2日に亘って放映された。当時の大型ダム建造の物語であるが、電力不足の解決のため下した太田垣社長の英断、これを実現した関西電力の面々や現地で工事に関わった方々の苦労の賜物と、改めて頭の下がる思いで観ました。

 数年前宇奈月からトロッコ列車で欅平に行き、そこから大型のエレベータで200メータ上昇し、更にバッテリーカーに引っ張られて急勾配を登り、黒部第四発電所に到着した。この途中にも高熱墜道があり、最高200度の高熱の岩盤にぶつかり、いくら水を掛けても冷えず、熱気と水蒸気に苦しみ、掘り進めた難所もあったと聞いている。

 「黒部の太陽」は大町から黒部ダムに至るトンネル工事の時の破砕帯による水と崩壊に闘ったものであるが、工事全体としては、高熱と鉄砲水という大自然の脅威に集団で立ち向かい、これらを克服した冒険物語でもあったのである。

 ダム建設といえば、ほぼ100年前、1930年代の世界大恐慌のとき、米国はニューデール政策を実施した、この中にTVA計画(テネシー川流域開発)があり、多くのダムや発電所を建造し、落ち込んだ経済を活性化した経緯がある。現在不幸にして巡ってきた100年目の恐慌に際して、経済活性化のための英断を期待したいものである。具体的な一例としてCO2を出さない発電や自動車、消費エネルギーや石油の消費量を大幅に削減する産業に対し、官民一体となりそれらの機器や装置の普及を図るための政策を早期に打ち立てて欲しいものだ。

2009年3月17日 (火)

寺社随想 長野諏訪大社

Simg_0765  昨年最後に訪ねた寺社は諏訪大社の上社本宮である。数年前下社の秋宮を訪ねているが、壮大な美しい神社であったので本宮は更に重厚なものと想像していたが、意外と簡素な建物であった。聞けばご神体は守屋山という山そのものだ相だ。

 ご祭神は建御名方命(タケミナカタノカミ)、この神は出雲の大国主命の子供であるが、高天原より下った武甕槌命(タケミカヅチノミコト)と国譲りをかけ力を競ったが敗れ、諏訪の地に逃げ、もうここからは出ないと宣言し、此れが諏訪大社に神となったのである。 然し諏訪の神社は地方神を祭るものとして古くから有ったとも伝えられている。

 言い伝えは兎も角、諏訪と出雲は日本海をルートにして、弥生時代から交易があったと考えられる。出雲からは鉄器ゃ銅器等当時のハイテクの物が供給され、諏訪からは玉石やその加工品が届けられ、相互に技術や文化の向上に寄与した、こういったことのお礼として古事記の記載に従って、大社が建造され、祭神としたのであらう。

Simg_0769  諏訪大社の特徴の一つが、御柱であるが、この本宮にも立派なものが立てられている(写真右)。この技術も出雲から伝わったのだらうか。

 話は変わるが、神々の力較べは日本書紀には書かれていない、日本書紀では、似た話は垂仁天皇の時代大和に当摩蹶速(タギマノクエハヤ )という天下の力自慢の力士と称していた男がいたが、これを倒さんと出雲から野見宿禰が呼ばれ、闘った結果野見宿禰が勝ち、これが相撲の元祖であると書かれている。

 この2つの話から、天から下ったタケミカヅチノミコトも野身宿禰も朝鮮半島からの渡来人だったと考えるのはどうだらう。もしそうなら高天原は朝鮮半島だったこととなる、弥生時代半島から稲作・鉄器・銅器等多くの技術や文化をもたらされたことを感謝して神の国としたと想像できる。

 古代史として「記紀」に書かれたことから、真実を想像することも楽しいことである。

2009年3月 4日 (水)

寺社随想 滋賀県彦根城・大通寺

Simg_0731 S_2                                                                                   

 昨年の秋、大学の同期会が彦根で催された。懇親会に先立ち彦根城を訪れた。

 表門より入城し、広くて坂道の多い城域内を周囲の建物を見ながら、転ばない様歩き、城内に入ると、急な階段を一気に最上階に登る等やや強行軍であったが、何とかこなす事が出来た。今回はガイド付きで説明も楽しく面白かった。

 城は関ケ原の東西戦の後、近辺の安定のため急遽建造され、近くの明智光秀の居城であった佐和山城を取り壊し、その材料等を利用したが、その工法は立派て、現在建てられたままの姿で残っている数少ない城の一つである。 城を出て名勝・玄宮楽々園という休み処とか庭園のある場所もあり、全体をゆっくり見るには一日はかかる所である。

 翌日は長浜市に赴き、黒壁スクエアでガラス工芸品を眺めた後、近くの大通寺を訪れた。この寺は真宗大谷派別格別院という格式の高いお寺である、1602年の建立であるが、それ以前から寺は有り、蓮如も北陸布教の拠点としていた。大きな堂内には多くの名画も飾られ、立派な庭園(写真右)もある。

 近くには北国街道も走り、歴史を感ぜさせる場所である、広い本堂で他に人が居ないのを幸いに、仲間5~6人で宗教の事・学生時代の事・最近の経済の事等喧喧顎々話し合ったことが思い出せます。

 

2009年2月18日 (水)

寺社随想 京都仁和寺

Simg_0651 Simg_0657

 妙心寺を訪れた後、近くの仁和寺に立ち寄った。大きな門構えの入り口を入り、世界遺産登録の看板を横目で見ながら本堂(本坊とか御殿とも呼ばれている)に入った。

 素晴らしく大きな建物で、広々とした石庭風な庭もあり、全体の規模に圧倒された。応神の乱と明治20年と二度の火災で消失し、大正時代に再建されたのであるが、古さも感じさせられた。 途中見学の女子学生が足に木のささくれが入り難渋していたが残念ながら助ける事も出来ず、係の人を呼びに行くハプニングもあった、歩く時は素足になるので摺り足は避けた方が良いでしょう。  

 外に出て宝物殿で暫し心を癒し、再び外に出て散策すると、五重塔があり、又有名な御室の桜の樹林が有った、生憎シーズンは終わり葉桜であったが、樹高は2~3m程で低いのに驚いた。

 もう此れまでかと思ったら、益々奥に沢山の建物や鐘楼が配置されており、とても隅々迄ゆっくり見る元気が無くなり、只々ひたすらに足を運んだ。広大なこの寺を見るには「先達があらまほしきものなり」と感じた次第です。

2009年2月 2日 (月)

寺社随想 京都妙心寺

 昨年の春、京都の妙心寺を訪れた、京都の中心より西北の方向であるが、嵐山の手前の方である。 美しい庭園があるとのことで訪れた、成程広い緑の草木野中に渓流や池があり、これを回遊する様になっている、又別に石庭もあり立派なものである。この庭はそれ程古いものでなく、明治の時代に造られたことは後で知ったが、全体として構想の規模も大きく、心の和む場を提供している。

 方丈に入ると、大勢の学生が法話を聞いていたが、その一角にかの有名な[瓢鮎図」(ひょうねんず 鮎の実体は鯰である)Simg_0647 Simg_0642 がさりげなく飾られていた。

私は「瓢箪鯰」の言葉は何とか知っていたが、その意味は知らなかった、又画がそのルーツであることは勿論知らなく、この絵がルーツかと感動を覚えた。

 修行を積めば一見不可能と思われる、掴み所の無い鯰でも瓢箪で捕らえることが出来る、修行に精進し立派なお坊さんになりなさいと教えているものだと判った。

 この考えは技術にも通用すると思う、不可能と思われることに執念し、こつこつと事実を蓄積し、遂に達成出来た技術が本当の技術で、世界にその技を誇れるものとなるのである。時には「瓢箪から駒」の発想の転換も必要なことである。

2009年1月 7日 (水)

雲洞庵の思い出

U1 U2今年のNHKの大河ドラマ「天地人」の第1回で越後の「雲洞庵」が舞台の一部に取り上げられていた。3年前頃同寺を訪ねたことを思い出した。

 雲洞庵は藤原不比等の子藤原房前の母が庵を結んだ由緒あるもので、後年上杉家により曹洞宗の禅寺となった。入り口の赤門(写真上)を入ると、戦乱の時代経文を保護するため石畳の下に敷いたので、その上を踏むと良いとされる石畳の奥に大きな本堂(写真下)がある。

 境内は広い庭や、離れの建物も散在し、杉林の中で巌そかな雰囲気が漂っている。又宝物や書画も豊富に展示されている、義経弁慶の一行が平泉に落ち延びる時に立ち寄り写経の祈願をしている。

 ここが教育の場であることは知らなかったが、それに相応しい場所である。

2008年11月20日 (木)

山古志村を訪ねて

Simg_0736_2  新潟県の旧山古志村(現在は長岡市の一部)を訪ね、現状の断片を見ることが出来た。 

 震災から丸4年経過し、概ね復旧はなされている様ですが、一階部分が土に埋まった家屋が散見された、この辺りの家は豪雪に耐えられるよう頑丈に造られており、地震での崩壊は無かったが山崩れにより、土砂が川、此処では「芋川」という中の写真に見える小さな川であるが、随所で塞き止められ、土石流となって平地を嵩上げし、写真の様な状態になったのである。

Simg_0735

 地震による直接の被害でなく、土砂崩れという二次破壊で家ばかりでなく、道路も寸断されて、文字どうり陸の孤島となり、大変な災害に見舞われたのであるが、この二次破壊は、海岸地方では津波があったりで、場所により様々であるが、どの災害も自然の力に抗することは出来ないのが現状の様であると感じさせる光景でした。

 地震とは関係ないが、この村には村民が協力して、手掘りで造り上げたトンネルが残されている。昭和の初め頃より十数年かけて造られたもので「中山墜道」と呼ばれている巾2m、高さ3m、長さ800mの、人や荷車がゆったり通行できるものである。今は新しい道路やトンネルが出来て使用されていないが 村民の奉仕の精神や苦労・努力の跡が偲ばれ、今回の地震にも全く崩れなかった立派なものです。

  

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31